ドアの立て付け|ネットワークカメラを防犯に活かす|鍵修理によって増々安全

ネットワークカメラを防犯に活かす|鍵修理によって増々安全

ドアの立て付け

作業員

微調整機能付きの場合

ドアは、場所によって日常的に頻繁に開閉する場所と、普段あまり開閉せず開けたまま、または閉めたままの場合があります。頻繁に開閉するドアは、徐々に設定がずれてしまって、天井や床をこするようになってしまうことがありますが、修理する場合、蝶番の部分に微調整ができるネジがあり、自分でできる製品もあります。どの位置が正解というのではなく、小さな調整なので、自分で修理ができない場合は、専門業者に依頼しましょう。位置が歪んだままのドアは、ほかの場所と接触して、使っているうちに摩擦で家をいためてしまう場合もあります。力を入れたら大丈夫とか、開け閉めには工夫が必要と思っていると、調整すれば済むはずだった不具合が、本当の故障になってしまいます。

古い製品の修理か新型と交換か

住宅設備製品は、テレビでCMを頻繁に見かける断熱窓など、シンプルなようでも多機能な新製品が発売されています。ドアの場合、最近のトレンドでは、ドア枠部分が頑丈になっていて、地震などの大災害でも開閉に必要なスペースが確保されている製品などがあります。古いドアの建て付けや、傷などの外観のために修理する場合、修理と交換を比較してみるのがおすすめです。費用は修理のほうが安く上がりますが、日常的に使用するドアの交換は、機能性、外観ともに、リフォームの効果抜群です。交換する場合、同じメーカーの製品の中で選択をすれば、サイズや仕様の変更点が少なくて、工事が手軽に住み、結果として費用も抑えられることが多いです。