ドアの修理方法|ネットワークカメラを防犯に活かす|鍵修理によって増々安全

ネットワークカメラを防犯に活かす|鍵修理によって増々安全

ドアの修理方法

ドアノブ

ドアの修理を依頼する際には、まず大切なのは複数の業者に見積もりをもらうことです。ドア交換の工事費用自体が業者によって違うこととドア本体は値引きがきくことが多く、その値引率も業者によってかなりの差があるからです。また、複数業者を比較することでいろいろな条件下での相場の違いも分かってくるでしょう。複数の業者に相談することによっていくつものアドバイスをもらえる可能性があります。自分の家にはどのようなドアが合うのか、どのタイプのドアをつけることよってどのような効果があるのか、ドアの交換ではなく修理ですますこともできるのか、などのプロの助言は貴重なものです。助言によく耳を傾けてベストな方法を選びましょう。

業者に頼らず自分でしてしまうという方法もあります。ドアの枠ごととなると素人には難しいですが、ドア本体の交換だけであればサイズさえ合えば素人でも簡単にできます。室内ドアを開けた状態で蝶番のネジを緩めてドアを外し、そこに新しいドアを同じ高さでネジ止めすれば完成です。同じサイズがない、あるいは交換したいドアが現在のものとはサイズが違うという場合はホームセンターによってはドアサイズを有料でカットしてくれるところがあるのでそれを利用するのも手です。あらかじめ現在のドアの縦横厚さとドアノブの位置を正確に測定し、ホームセンターで大きめのドアを選びそれをサイズに合わせてカットしてもらいましょう。一番確実なのはドアをホームセンターに持ち込み、同じ大きさにカットしてもらうことです。まずはドアの現状がどのようなものか正確に把握し、複数の方法の中から何が一番適当なのかを検討しましょう。ドアは家の空間と空間をつなげる大切な建具です。それは年月を経るごとに味わいを増すものであり、交換の方法がどのようなものであれ、長い年月使用に耐えうるものを取り付けたいものです。防犯性を高めるなら、やはり業者に依頼するのが最適だと言えるでしょう。